ブルーシクラメン サントリー セレナーディア アロマブルー

サントリーのブルーシクラメン「セレナーディア アロマブルー」です。
ブルーシクラメン サントリー セレナーディア アロマブルー

私はシクラメンが大好きです。私が一人暮らしを始めて、2度目の引っ越しをした時に母が買ってきてくれたのが白のシクラメン。冬の間ずーっと咲く真っ白な花に癒されました。もう6年以上経つのに今も株は健在、毎年白い花を咲いてくれるのです。
それ以来シクラメンは思い入れのあるお花。今回は私から母にめずらしい品種のブルーシクラメンをサプライズで贈ろう!と思い立ちました。

あの青いバラを作り出したサントリーブランドからの珍しいシクラメンという事で、一般の市販では見た事がありません。

今回は気合いを入れて先行予約注文し、待ちに待って3週間後に届きました。
シクラメンが入った段ボール

ネット通販「イイハナ・ドットコム」で購入。通販で鉢花を買うのは初めてです。思っていた以上に大きな梱包でペットボトルと比較、腰ほどの高さは無いものの、結構大きい段ボールでした。

中はしっかり段ボールでシンプルに固定され、安定した状態で届きました。
シクラメンセレナーディア アロマブルーが入った段ボール

紫のシクラメン!初めて見ます!
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルー を机に飾る

世界初ブルー系。これまでのシクラメンでは出せなかった美しい紫色で可憐な花は、とても高貴な雰囲気に満ちあふれています。
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルー 見事な紫の花が美しい

ジャパンフラワーセレクション(2006-2007、2009-2010)でベストフラワー(優秀賞)受賞など、数々の花の品種コンテストを征してるブランドシクラメン。

ほんのりと良い香り。
ブルーシクラメンほんのりと香る

シクラメンの香りって本当良い香りがするんですよね。つぼみが咲いた朝は良い香りに包まれます。

5号鉢で花数的にちょっと小振りな印象がありますが下を見ると無数のつぼみ。
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルー 蕾みがいっぱい

シクラメンは葉っぱの数だけ花が咲くと言われてますから、これだけ葉っぱがあると咲き乱れるのではないかと今から楽しみです。
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルー 斑入りの小振りな葉っぱ

さすがプロが育ててるだけある小振りな葉っぱ。私は数種類シクラメンを育てていますが、原種以外は葉っぱがものすごく大きく育って屋外でしか置けません。(笑)
小振りだったり、背丈が低く育てるのはプロの技だと痛感しています。

バスケット仕立てなので届いてそのままお部屋に飾れます。
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルー 篠の鉢入り

早速、翌休日、実家へ帰省し母にプレゼントしてきました!
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルーを母にプレゼントしてみた

「ハイ、シクラメン、母さんにあげようと思って。これね、すごく珍しいんだよ、お花が紫なの」と言うと「やっぱり?はじめ見たとき『あれ?こんな色のシクラメン、あったけ?って思ったの」とのこと。
ブルーシクラメン セレナーディア アロマブルーを母にプレゼントしてみた

こんな高そうなシクラメンいいよ、自分で育てなさいよという母が、なんだかんだうれしそうな笑みがこぼれ、プレゼントして良かったと思いました。

ありがたいことに梱包と一緒にセレーディアの育て方も入っていたので、私がじっくり熟読し
ブルーシクラメン育て方のポイント

母に「いい?とにかく日光の当たるところに置いて。寒さには強いから、暖房や日当りの暑さが気になるなら思い切って外に置いて。0度下回る時に家に入れればいいから。お水を与える時は上からじゃなくて、葉っぱの横からざーっと注いで受け皿に水は貯めないようにね、根腐れしちゃうから。」等々、何度も言いつけてきました。(笑)

プレゼントなのにも関わらず「来年も花が咲かせられるように育ててね」と。
紫のシクラメンと母

たわいもない話に流れ、久しぶりに母との会話を楽しんだひとときでした。

去年母は大腸がんを患い無事退院したものの激痩せし、一時やつれた母の姿に老いを考えさせられましたが、こうしてまた屈託なく笑い合えるのは子供の私としてもホッコリ暖かな気持ちになります。

もっと笑顔を増やしたい、日ごと花を咲かせるシクラメンを愛でれば、きっと母をより元気づけてくれると思いました。

紫のシクラメン「セレナーディア アロマブルー」はとても稀な品種、大切な方にふさわしい、特別なギフトにオススメです。

鉢植え シクラメン セレナーディア アロマブルー
5号鉢 5,250円
イイハナ・ドットコム
サイズ:奥行き約25cm、幅約25cm、高さ約35cm

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です